Dr Farokh Master 腎臓病と癌のホメオパシー的マネージメント

世界的にも名高いDr Farokh Masterの来日が決まりました。
以前日本ホメオパシー総研でFarokh先生にウェビナー(6回)をお願いした時は、
参加者の皆様のご希望により、予定の時間を延長していただいたほど、大変素晴らしいご講義でした。

この度、沢山の方々からのご要望により、
3月2日、3日と東京でセミナーを実現できることになりました。

Farokh先生はインドの病院でホメオパシーだけで、患者様を診ていらっしゃいます。
数多くの経験をお持ちで、2日間では足りないくらいの内容だと思います。

この時期にセミナーを開催出来ることはホメオパシーを愛する皆様のおかげです。
3月を楽しみにしていてくださいませ。

日時: 3月2日(土)、3日(日)
場所: 東京国際フォーラム
受講料: 早期申込特典 アーリーバード:税込 ¥60,000(〜2月15日)  
通常料金:税込 ¥66,000
お申込み
Register
https://forms.gle/jzVq9BjZj4QN5o9h7
講師
Lecturer

Dr.ファロック・マスター
Dr. Farokh Master

マスター博士のホメオパシーとの出会いは、1976年6月、正統派医学部での勉強をやめ、ボンベイ・ホメオパシー医科大学に入学した時でした。1979年12月、LCEHの試験に全科目1級で合格し、金メダルと銀メダルの栄誉に輝いた。また、マハラシュトラ州知事(当時)からも、その優れた医学的キャリアが認められ、表彰を受けました。彼は国内初の医学博士ホメオパスです。
また、「ホメオパシーによる癌の管理」で博士号を取得した数少ないホメオパスでもあります。ボンベイ病院、キングエドワードメモリアル病院、ノウロスジーワディア病院、ジェルバイワディア病院、カマルナヤンバジャージ癌センター、ルビーホールクリニック(プネ)など、多くのアロパシー病院でのホメオパシー外来部門の立ち上げに貢献されました。
ファロク・マスター博士は、癌とホメオパシーの治療における多大な貢献により、世界中で評価されています。クラシカルホメオパシー、ガンとホメオパシー、ホメオパシー教育、その他の代替療法への多大な貢献により、国内外で数多くの賞や栄誉を受賞。また、数カ国語に翻訳された60冊以上の著書があります。末期がんや悪性腫瘍の合併症の治療において、ホメオパシーにイスカドール療法を併用し、痛みの緩和、出血の減少、寛解期間の延長をもたらした先駆的な存在です。
医師として、また教師としてのマスター博士の功績は素晴らしいものですが、なかでも、慈善活動家としてのマスター博士の功績は、他の追随を許さないものです。ホメオパシー医師として、ムンバイのホメオパシー・ヘルスセンターで独立開業し、40年以上にわたってホメオパシーの診察と治療に携わってきました。ドクター・マスターは、毎週火曜日の午前8時から10時まで、パレルのKEMで腫瘍緩和のためのOPDを行っています。

 

イベント

2024年2月23日
2024年2月24日
2024年2月25日
2024年3月16日
2024年3月17日
2024年3月20日
2024年3月30日
2024年3月31日
PAGE TOP